家族婚が向いている?式の注意点と会場選び

自分たちらしい、形式にとらわれない結婚式が人気を集めている中、身内のみで挙式をする「家族婚」も多くの人に選ばれています。家族婚には向き不向きがあるようです。

自分たちの幸せを考えた時に、家族婚を選ぶ事が最良の選択となるよう、家族婚に向いている人から家族婚を挙げる上での注意点、式の会場についてご紹介します。結婚式の在り方が多様化している今だからこそ、選択肢の1つに入れた家族婚について見ていきましょう。

友人の持つフラワーシャワー

家族婚に向いている人とは?

家族婚とは、家族・身内・親しい友人のみで執り行われる結婚式のことを指します。ゲストが少ない、近しい人しか出席していないという事から、アットホームでリラックスして式に臨める事が大きなメリットです。

そのため「親しい人とゆっくり式を挙げたい」「派手にして目立ちたくない」「費用をおさえたい」「大きなものは恥ずかしい」といった要望を持つカップルが家族婚に向いているといえます。逆にワイワイと騒いだり、派手な演出が好みのカップルには希望する結婚式にならないかもしれません。少人数で気兼ねせずに、ゆっくり過ごしたいというカップルは家族婚を検討してみる事をおすすめします。

また、リゾートウェディングを希望する人にも、家族婚が向いているといえます。美しいリゾート地での結婚式は女性の憧れとなっています。そして、リゾートウェディングというと、どうしても値段が高いイメージがつきものです。しかし、家族婚ならリゾート地での結婚式も夢ではありません。少人数であれば式自体はあまり費用をかけずに行う事ができます。その分、渡航費や滞在費といったその他の費用がかかってしまうので、全体の予算から考えていきましょう。

家族婚ウェディングで気をつける事

続いては家族婚をする上での注意点について見ていきましょう。家族婚は家族や親族のみで挙げられる事が多いようですが、親しい友人を呼ぶ事も可能です。このとき心配になるのが、大半が親族である参列者の中で、来てくれる友人は気疲れしないだろうか、1人でも来てくれるだろうか、という点でしょう。

この場合は、家族婚だという事を予め伝えておいて、「それでもあなたに来てほしい」という思いを伝えましょう。当然、結婚式当日も友人への配慮が大切となります。友人が過ごしやすいように、新郎新婦の席に近いところに友人たち用の席を用意します。スピーチを頼みたい場合は出席を確認する時に、早めに確認しておきましょう。

出席してくれる友人を招いて、一度顔合わせの食事会を開いてもいいかもしれません。本当に親しい友人は小・中・高・大学などそれぞれに数人ずつでしょう。1人での参加は寂しいと感じてしまわないよう、事前に顔を合わせておく事で当日友人同士の会話もスムーズに進む事でしょう。もしその顔合わせの開催が難しい、参加できない人がいた場合は、メッセージアプリのチャットやグループなどを利用して、予め新郎新婦から友人たちの紹介をしておきます。友人たちの共通話題は友人である新郎新婦です。会話が弾みやすい環境を作るのもホストとしての役割となります。

また、友人を招待する場合は出席するほかの家族・親族にその旨を説明しておく事も大切です。人によっては「家族だけだと思っていたのに、聞いていない」と不快に思うかもしれません。当日そのような雰囲気が出席してくれた友人に伝わってしまうと、嫌な思いをさせてします。友人にも家族・親族にも失礼とならないように、きちんと了承を得ましょう。

友人を家族婚に招待したら、新郎新婦だけでなく両親や親族からも、友人への配慮が必要になります。ご両親だけでも友人たちに挨拶に行くと、おもてなしの気持ちが伝わります。

結婚式の親族の席

どんな所で式が挙げられるのか?

続いては少人数の家族婚ならではの挙式会場について紹介します。一般的に結婚式といえば大きなチャペルやホテルウェディングのイメージでしょう。家族婚では、どのような場所で結婚式を挙げられるのでしょうか。

通常の結婚式でよく使われるホテルは、家族婚でも活躍します。ホテルによっては大きさの違うパーティールームを持っています。挙式をして、少し小さめのパーティールームでそのまま披露宴、と場所を移動しなくても良い事がメリットです。親族の中に足の悪い方や、高齢者の方がいる場合にもおすすめです。

ゲストハウスウェディングは、邸宅を一軒貸し切り結婚式とその後のパーティーを執り行います。プライベート感・アットホーム感が強く、家族婚にはぴったりの開催会場といえるでしょう。式やパーティーの演出も自由度が高く、ガーデンウェディングの開催も可能です。少し郊外のゲストハウスを借りれば、リゾートウェディングとまではいかなくても自然豊かで、開放的空間での挙式となるでしょう。時間や段取りにとらわれず、参加者が自由に楽器を演奏したりダンスを踊ったりと楽しい式となるはずです。

反対に、神社での挙式は近親者のみの厳かな式を挙げる事ができます。家族婚は、他にも予算や希望にあった好みの式を挙げられます。こちらのページで家族婚のプランについて、確認してみてはいかがでしょうか。

まとめ

現代の多様化する結婚式の中でも、自分たちの理想の結婚式実現のために、ぜひ選択肢に入れたい家族婚。特に家族婚は家族の協力が大切になってきます。どのような形で結婚式を挙げたいのか、注意点に配慮しながら、新郎新婦両家でしっかり話し合いましょう。