家族婚での会場とレストラン選びに関して

最近は少人数での家族婚を挙げるカップルが増えています。少人数での家族婚は、ゲストが少ないため、その分感謝の気持ちを込めた細やかなおもてなしができるのが魅力です。理想の家族婚を成功させるために知っておきたいポイントをまとめました。

家族婚の挙式会場選びのポイント

家族婚の挙式会場を選ぶためには、まず出席する人数に合わせて会場の候補をピックアップしましょう。少人数の家族婚でも、10名以下の場合と、20名から30名規模の家族婚では会場選びも変わってきます。

花嫁

10名以下の家族と親族だけの家族婚なら、ゲストハウスやレストランを会場に選ぶのがおすすめです。アットホームな雰囲気の中で、自分たちらしい結婚式の演出をすることができるため人気が高いです。20名以上で、親族以外に親しい友人を呼ぶ家族婚の場合は、ホテルを会場に選ぶのがおすすめです。ホテルでの家族婚ならある程度の人数でも料理や演出などが臨機応変に対応できるだけでなく、充実したホスピタリティで満足感の高い結婚式を挙げることができます。また、ホテルを会場に選べば、遠方からのゲストの宿泊も考慮できる点も見逃せません。

このように、家族婚の会場は最初に人数によって会場の規模を絞り込むのが大切です。会場の規模が決定したら、自分たちの希望する演出ができるかどうかといった、より具体的なポイントで会場選びをして行くと、希望に近い会場選びができるのでおすすめです。

家族婚のレストラン選びとは

家族婚でレストランを利用する場合、10名以下の少人数の参加となるケースが多いです。そのため、レストラン選びのポイントは、まず少人数でも貸切ができる事というのが大切です。最近では一軒家レストランの貸切ができる家族婚プランなどもあるので、まるで自宅にゲストを招いたようなアットホームなレストランウエディングもできます。

また、家族婚のレストラン選びで絶対に外せないポイントはやはり料理のおいしさです。家族婚をレストランで開くカップルの中でも、料理のおいしさに最もこだわっているという方が多いです。家族婚はゲストの数が少ない分、おもてなしの一つとして、おいしい料理は欠かせません。

レストランでの家族婚が一般的になるにつれ、控室が利用できるレストランや、自由に演出ができるレストランも増えてきました。自由度の高いレストランでの家族婚ですが、費用に関しては細かいところまでしっかりチェックすることが大切です。料理やドリンク代などのわかりやすい項目は把握していても、時間の延長や持ち込みといった追加料金を見落としてしまい、後からトラブルになることもあります。

家族婚の1.5次会や2次会会場選びについて

家族婚の1.5次会や2次会は、ほとんどの場合披露宴の後に行います。そのため、会場選びは家族婚の披露宴が行われる会場に近いかどうかというのが大きなポイントになります。結婚式に参加するゲストは、フォーマルなファッションが多いため、ドレスやヒールの参加者でも移動しやすい会場を選ぶのが親切です。また、会場の規模は事前にゲストの人数を想定して選びましょう。ある程度の人数を決める事で、1.5次会や2次会の予算も出しやすくなります。

会場選びの前に1.5次会や2次会でやりたい演出が決まっている場合は、その演出ができる会場かどうかの確認も忘れないようにしましょう。演出次第では会場の形にもこだわりが必要です。会場の形状やゲストの席の配置によっては新郎新婦や演出がしっかり見えない場合もあります。事前に下見をして、希望の演出に合った会場かどうか確認すると失敗を防げます。自分らしい演出をするためにも、会場選びにはしっかりこだわりましょう。

こちらのページでも紹介していますので、一度ご確認くださいませ。

まとめ

プランナー

家族婚は、人数が少ない分、より自由度の高い演出ができる人気の結婚式です。自分らしさを大切にしたアットホームな家族婚をするなら、さまざまな会場を比較するのが大切です。家族婚の会場選びは、イメージを具体的にしておくことが大切。人生で最も幸せな1日を最高のものにするために、予算やプラン、演出などを踏まえて会場選びにもこだわりましょう。