家族婚の準備期間について|司会と進行の決め方

家族婚は家族や親族、親しい友人のみで執り行われる結婚式です。一般的な会社の関係者や多くの友人を招待する結婚式と何が違うのでしょうか。今回は家族婚を行う際の準備期間や司会進行など、通常の結婚式と違う点について紹介していきます。

親しい人たちとゆっくり過ごしたい、と選ぶ人も多い家族婚なので、当日バタバタしてしまわないよう準備は念入りにしておきたいものです。

顔合わせ会場

準備期間はどれくらい必要?

家族婚の準備期間は、式の内容にもよりますが3ヶ月ほど前でも十分間に合います。少人数のため大きな会場を押さえる必要はなく、一般的によく言われる1年前よりも大分短い期間でセッティングすることができます。

大まかな式の内容や流れを決めたら、2ヶ月ほど前に招待状を送りましょう。1ヶ月ほど前に締め切り、最終調整に入る、という流れです。しかし、兄弟にすでに家族がいたり、遠くに住んでいる親戚を呼びたい、親しい友人を呼びたい場合でも、交通手段の予約やそれぞれのスケジュールがあります。招待する人たちの状況や年齢をみて、もう少し早めに準備を開始すべきか判断しましょう。焦らず余裕を持ちたい時は、半年ほど前から始まるのがおすすめです。

家族婚と言っても少し特殊な演出や会場を押さえたい場合は、半年では足りないケースが考えられます。例えばリゾートウェディングの場合、リゾート地のロマンチックな結婚式会場は人気で多くが予約で埋まっていると考えられます。お目当ての会場がある場合は、シーズンや日程でいつが埋まりやすいのかを考慮した、希望日の予約が取れるのかなどしっかりとしたプラン作りが必要です。交通機関の予約やホテルの予約もあるので、1年ほど前から始めておくのが安心です。

他にも、衣装のデザインをじっくり決めたい場合や、ウェルカムアイテムを全て手作りしたい場合、結婚式で流すムービーを自作したい場合なども長めの準備期間が必要です。何か自分たちのこだわりポイントがある場合は、半年から1年を目安としておきましょう。

どれぐらいの規模から司会をお願いする?

たくさんの招待客がくる結婚式では披露宴時、プロの司会者もしくは友人などに司会を頼むことになります。しかし、少人数でなおかつ家族や親しい人のみ、と言う場合に司会は必要なのでしょうか。

これは流れや内容によります。親族や親しい友人たちが余興をしたり、両親への手紙の朗読、ケーキ入刀などさまざまな出し物をする場合は、進行役を決めておいた方がいいかもしれません。結婚式の流れとしては、通常のものと大差はないので少人数でも、司会を決めても問題ありません。規模よりも、内容から決めるのがよいでしょう。

逆に披露宴ではなく、シンプルに食事会のみ、という選択肢もあります。この場合は新郎新婦の希望が派手にしたくない、ゆっくり過ごしたいという場合が考えられます。やりたいことをその場の流れで進めていきたいなら、司会を決めずに食事やおしゃべりを楽しみましょう。

食事会にしても、新郎新婦の挨拶、ご両親の挨拶は盛り込んでおくと結婚式・披露宴の目的の1つでもある親孝行に関してもクリアできます。あまり出し物がない食事会にプロの司会者を呼ぶのも、手持無沙汰の気まずい状況になったり、費用に無駄が出たりとバッドポイントも出てきてしまいます。アットホームな食事会にするのか、披露宴に寄せた会にするのか両家で話し合っておきましょう。

家族婚の進行内容と進め方

結婚式の前にはまず、両家の顔合わせが必要です。両方の両親への結婚報告が終わったら、顔合わせの食事会を開きましょう。今後の両家の関係にも関係してくる大切な段取りです。決めなければいけないことをみていきます。

会の方向性を決める

記念品の交換などを行う場合は、渡す品の準備などがあるため、予めどういった会にするのか決めておきましょう。

日付

顔合わせの会は、結婚式の3ヶ月から半年前に行うことが多いようです。

場所

実家が離れている場合は開催場所をどこにするのか決めなければいけません。どちらかの元へ行くのか、中間地点にするのか。顔合わせの会に出席するメンバーによって決めてもいいかもおしれません。足の悪い方がいたり、長時間の移動が困難な高齢の方がいる場合には、優先しましょう。

料理

レストランや料亭選びは、選り好みしにくい料理のお店にしましょう。食事代は1人1万5千円ほどが相場です。苦手な食べ物も含めて好みを両家に聞いて、反映できるようにしておきましょう。結婚ということで縁起の良い内容で、個別にそれぞれ出てくるタイプのコースがよいでしょう。

費用分担

基本的に食事代の支払いは本人たちがしますが、食事代の他にも交通費・宿泊費や、個室使用料など事前に支払いの分担については決めておきましょう。

服装

どういった会場で顔合わせを行うのか、会の方向性に合わせて服を選びましょう。女性は肌の露出を抑えてスカート丈が短くなりすぎないものが無難です。アクセサリーも派手なものを避けて、清楚な印象となるものが好まれます。男性はダークカラーのスーツで問題ありません。会場がどういったところなのかを両家に伝えて、参加者の服装の格をそろえましょう。

当日のスケジュール

会の当日は食事の他に両家の紹介や乾杯、記念撮影などが行なれます。どのタイミングで食事を持ってきてもらう等、お店側との話し合いも必要です。

顔合わせの時のマナーや、礼儀についても勉強しておきことが大切です。どちらかの家に肩入れをし過ぎつと、一方に不満やしこりが残ることになります。進行役をたてておくか、本人たちが進行して、和やかな雰囲気になるように努めましょう。両家の紹介は男性側から。趣味や簡単なエピソードを交えるとその場の空気も和みます。その後記念品を交換して、記念撮影が終われば乾杯です。

全体的にだらだらとした雰囲気にならないように2~3時間を目安に進めていきましょう。できれば、家族婚という小規模の結婚式に対する意見などもすり合わせておくとよいでしょう。頃合いを見て、本人たちがお礼の挨拶をしてお開きとなります。

式当日の流れ

結婚式当日の披露宴の流れは、家族婚の場合シンプルにまとめるか、披露宴風にするのかによります。今回は披露宴に寄った内容をご紹介します。

新婦と写真撮影

1.新郎新婦入場(ムービー)
2.新郎の挨拶
3.乾杯
4.ケーキ入刀
5.食事
6.親族の紹介
7.余興
8.新郎・新婦の手紙
9.両親への手紙・花束贈呈
10.新郎父の挨拶
11.新郎の挨拶
12.退場(ムービー)
13.出口でのお見送り(引き出物のお渡し)​

ざっと見てみましたが、人によっては不要だと感じるものもあるでしょう。ケーキ入刀や余興、手紙など自分たちには必要ないと判断したものは省いていくと、よりシンプルな結婚披露宴となるでしょう。

現在では、行いたい規模や内容によって開催会場を選べたり、少人数用の結婚披露宴のプランがあったりと選択肢は多くあります。

こちらのページでも老舗の料亭やレストランなどを選ぶことができるので、参考にしてみましょう。

まとめ

今回は家族婚に司会は必要なのか、準備期間や内容はどうしたらよいのかについて、ご紹介してきました。家族婚の披露宴では、新郎新婦の意向や内容によって司会をつけるかつけないかを決めるとよいでしょう。内容によって司会は必要ありません。しかし、カジュアルな食時間ではなく、より一般的な披露宴に近づいた内容なのであれば、司会を頼んでスムーズに進むようにしましょう。プロに頼まなくても、友人や親戚に司会者をお願いしてもよいです。

家族婚のメリットは演出や進行などの自由度が高いことです。自分たちの結婚式なので、やりたいことを盛り込んでいきましょう。