和装での式に用いられる小物の由来とその意味とは

最近は和婚の人気が高まっていて、家族婚にも和装で臨むカップルが増えています。日本の伝統衣装である和の婚礼衣装は格式も高く、是非着てみたいと思う方も多いでしょう。和装の小物や衣装の由来など、婚礼衣装の違いや意味を解説します。

和装の際に使う小物の由来とは

結婚式で着る和装には欠かせない和小物ですが、それぞれに由来や意味があります。和の婚礼衣装を選ぶなら、小物の名前や由来も知っておきたいものです。

メイクをされる和装の花嫁

和装の際に頭にかぶる布も、着用する衣装によって違うものを身に着けます。白無垢の時には、文金高島田に結った髪の上に、綿帽子と呼ばれる白い袋状の布を被ります。綿帽子は和装の婚礼衣装の中で最も格式の高い白無垢の時だけ合わせることができる特別な被り物です。色打掛や引き振袖など、白無垢以外の衣装の時は、文金高島田の上に角隠しと呼ばれる帯状の布を被ります。江戸時代に、魔よけやほこりよけとして被っていた布が由来になっていると言われています。

文金高島田を鮮やかに飾るかんざしには、笄(こうがい)という名前があります。白無垢の時は格式の高いべっ甲を選ぶのが一般的です。また、豪華な色打掛や引き振袖の場合は、着物の華やかさを引き立てるため、真珠や珊瑚などもきらびやかなものや、蒔絵が施されたものを選んで飾り立てます。

婚礼衣装の装飾品として胸元に挟む筥迫(はこせこ)は、かつて武家の女性が装飾品を入れていたポーチのようなものが由来になっています。色打掛や引き振袖を切る場合は、衣装に合わせた華やかなデザインのものを選びましょう。

その他にも和装の小物は、護身用の懐剣や、縁起物である末広と呼ばれる扇子など、さまざまなものがあります。基本的に、白無垢の時は小物まで全て白1色で統一します。色打掛や引き振袖の場合は、着物に合わせたコーディネートで、自由に華やかなデザインの小物を選び、衣装をより華やかに見せるようにしていきます。

白無垢・色打掛・引振袖の格式

白無垢は、結婚式の定番の衣装です。打掛から掛下着、和小物まで全て白で統一した衣装で、和の婚礼衣装の中で最も格式が高い衣装です。白無垢の歴史は古く、室町時代ごろから婚礼の場で着用されていました。最近では、襟元などに赤いラインが入っていたり、金糸や銀糸を使ってより華やかに仕上げた白無垢も人気です。

色打掛は、白無垢と同等程度の格式を備えた衣装で、武家の花嫁の正式な礼装に由来しています。豪華で重量感のある華やかな色打掛は、家族婚でも人気の和装です。色打掛は鮮やかな色地に刺繍や染めなどの伝統技法を用い、縁起のいい絵柄があしらわれているのが一般的です。鳳凰や松竹梅、鶴と亀など、日本古来の縁起物の絵柄が施された豪華な色打掛は、見た目も華やかなので、家族婚だけでなくフォトウエディングなどで着用する花嫁さんも増えています。

家族婚で人気の引き振袖は、白無垢や色打掛よりも格式は下ですが、動きやすいという点でカジュアルな結婚式に着用されることが多い和装です。重厚感やきらびやかさといった点では白無垢や色打掛には及びませんが、引き振袖は豪華な帯がポイントです。帯の選び方によって、和装の結婚衣装らしい華やかさを引き立たせることができます。また、成人式で着用する振袖とは違い、へりの部分に綿を入れてふくらみを持たせたり、袖口などに別布を付けて比翼仕立てにしたりと、細かい工夫が施されています。帯や小物の選び方次第で様々なコーディネートができるため、家族婚にはぴったりの、アレンジしやすい和装と言えます。

白無垢の意味と角隠しについて

和装の婚礼衣装の代表と言えば白無垢ですが、結婚式は神の前で婚姻を誓う儀式であることから、花嫁が着る衣装も、神聖な色である白を着て行うというのが由来という説があります。古くは、神に仕えるものとして結婚式の場では白無垢を着用し、結婚式が終わった後の披露宴などでは、人間界に戻った証として色打掛に着替えるとされていました。

白無垢でお酒に口をつける

また、白無垢を着る事で嫁ぐ先の人間として新しく生まれ変わるという言い伝えもあります。かつて白は葬儀の時の着物の色だったため、生まれた家を出る事でそれまでの実家での人生に終わりをつげ、白無垢を着て結婚をし、婚家の人間として新たに生まれ変わるという意味があります。このように、白無垢には古くから神聖な意味が込められているのです。

文金高島田の上に被る角隠しは、かつて江戸時代の女性が外出の際にかぶっていた揚帽子(あげぼうし)が原型です。古来より、女は嫉妬に狂って鬼になるという言い伝えがあり、鬼になるのを防ぐために角隠しを被ったという説があります。その他にも、怒りの象徴である角を隠すことで、婚家に嫁いで従順な妻になるという意味もあるそうです。このように、和装の婚礼衣装には、様々な意味や由来があります。

こちらのページでは、数多くの和装の種類が確認できます。デザインに加え今回ご紹介した由来も踏まえてご覧になられてはいかがでしょうか。

まとめ

家族婚で着用する和装には、古くから込められた由来があります。そうした意味や言い伝えを知る事で、和装の衣装選びがさらに特別なものになります。普段の生活では、なかなか和装を身に着ける機会はありません。和装の婚礼衣装は両親や親戚にも人気が高く、喜ばれること間違いなしです。一生に一度の晴れの日には、日本に伝わる伝統的な和装の婚礼衣装を身に着けて、素敵な結婚式を演出してみてはいかがでしょうか。