家族婚で人気のヘアメイクは?費用相場は?

アップヘアー

結婚式ではドレスと同じくらい、ヘアメイクも重要です。それは披露する相手が限られる少人数の家族婚でも変わりません。新婦に人気のヘアメイクと共に、覚えておくと便利な費用の相場や「リハーサル」のメリットについて紹介します。

新婦が選ぶ人気のヘアメイク

新婦に似合うヘアメイクは、髪の長さによって変わります。その上でアップやダウンなど基本的なスタイル、さらにティアラやカチューシャなどのアクセサリーを決めます。まずは、スタイル別に人気のヘアメイクを見てみましょう。

アップは少し崩して曲線を取り入れて

アップにするのはあらゆる髪の長さに対応できるので、新婦のヘアメイクでも好評です。背中やデコルテがきれいに見えてアクセサリーも際立ちます。一方で、まとまり過ぎると地味な印象を与えやすいリスクもあります。

そこで後れ毛を出したり、毛先を散らすなどして少し崩すと華やかさがプラスされます。カールやウエーブなど曲線を取り入れるのもふんわりとした仕上がりになるでしょう。大人っぽく見せるなら「ポンパドール」や「プリンセス」、逆に少女っぽくするなら「ガーリーアップ」や「Loveカール」が人気です。

アップは和装で色仕掛けを着る時にも向いています。ヘアアクセサリーとして「かんざし」をあしらえば、より華やかにボリュームアップするでしょう。「洋」の要素が融合した「和モダンMIX」は個性的です。

ハーフアップで大人っぽい女性らしさを

ハーフアップは女性らしさを演出できるだけでなく、アレンジの幅が広いのも魅力です。ロングやセミロング向けのスタイルですが、ショートでもエクステで対応できます。ただし下ろしている髪の長さやボリュームによってドレスに干渉しやすい点は要注意です。

同じ女性らしさでも少し大人っぽさを出したい時は、パールやホワイトゴールドなど豪華でありながらシックなピアスを付けたり、髪を低い位置でまとめたりすると効果的です。定番の「シフォン」や「ゆる巻きフェミニン」、「エアリーハーフ」辺りも人気があります。

費用を節約するならダウンスタイル

ナチュラルなダウンスタイルは、家族婚のように肩肘の張らない席にぴったりです。サイドやバックにカールやウエーブを入れると、ふんわりとした華やかさも演出できます。「マーメイド」や「モダンダウン」、「ゆるふわダウン」が人気です。

逆にストレートのまま髪を流すならアクセサリーでアクセントを付けましょう。ティアラやカチューシャだけでなく花冠も似合います。ちなみにダウンスタイルはアレンジ次第でヘアメイクの時間を短くできるメリットがあります。

編み込みヘアで雰囲気を変えて

ロングの人はぜひとも編み込みヘアを候補に入れたいところです。手間暇がかかるデメリットはありますが、それだけしっかりと作りこんだ感じがします。まとめ方によってはすっきりとした顔立ちになったり、ガーリーさを演出できたりするバリエーションもあります。後者の代表が「フィッシュボーン」や「ラプンツェル」です。

ヘアメイクの費用相場とは?

結婚式のヘアメイクにかかる費用は、お色直しや出張、アテンド(介添)、リハーサルの有無などで変わります。シンプルに結婚式当日だけ1回ヘアメイクをして他のオプションが無ければ5万円以下で済むでしょう。逆にお色直しやアテンドがあって、リハーサルもするのであれば10万円以上します。和装になるとさらに上乗せされます。

通常はリハーサル1回、当日のヘアメイク2回、さらにアテンド料と出張費がセットになって10万円前後かかるのが相場です。ただし、その中には新郎のヘアメイク代やメイク直し・落とし(引き上げ)も含まれている場合があります。

ヘアメイクを行きつけの美容室など外部に委託すれば、費用を節約できる可能性があるかもしれません。ただし式場によってはこうした持ち込みを認めていなかったり、認めても持ち込み料を徴収したりするところがあるので事前に確認しましょう。

式場のヘアメイクであっても、基本のセットに必要なオプションを加えられるところがあります。基本のセットには1回分のヘアメイクが含まれています。特に家族婚でお色直しをしなければ、その方が安上がりでしょう。各オプションがどれくらいするのか、こちらを参考にご確認ください。

リハーサルするメリット

先ほどのリンクにあるように、ヘアメイクのリハーサルには料金が発生します。いっそしない方が費用の節約になりそうですが、リハーサルにはするべきメリットがたくさんあります。

例えば、理想のヘアメイクでも似合うかどうかは実際に試してみないと分かりません。リハーサルをすれば問題点が見つかり、当日までには改善できるでしょう。スタイリストにとっては髪質や肌質を知る機会にもなります。ぶっつけ本番でするよりも満足できる家族婚になるはずです。

まとめ

新郎新婦が腕を組む

家族婚は一般的な披露宴に比べて費用を抑えられるのが魅力です。けれども希望のヘアスタイルやお色直しの有無によっては予算オーバーになる可能性があります。そんな時に役立つのが「オプション」です。必要に応じて追加すれば費用を抑えながら満足できる仕上がりになります。特に外せないのが「リハーサル」です。当日のヘアメイクの完成度を高めてくれるでしょう。