家族婚での新郎の衣装と小物の選び方

結婚式では新婦の衣装と同じくらいに、新郎の衣装も大切になってきます。たとえ家族婚であっても、晴れ舞台を親族が注目しています。新婦とバランスを取るにはどのような衣装の選び方をすればいいのでしょうか。おしゃれに見せてくれる小物も併せて紹介します。

新郎が着る衣装の種類

新郎新婦の衣装
結婚式で新郎が着るのは、洋装でも和装でも「礼服」が望ましいとされています。普通のスーツでは新婦の和装やドレスとバランスが取れません。それは家族婚でも同じです。そんな結婚式に着られる礼服は主に5種類あります。

タキシード

日本の結婚式では定番ですが、正式には夜間に着る略式の礼服です。スーツよりも光沢感のある生地を使用しており、襟幅が広かったりポケットにフラップ(垂れ蓋)が付いていなかったりするなど細かなデザインが異なります。

フロックコート

タキシードよりジャケットの丈が長い礼服です。昼間の正礼装であり、かつては結婚式に新郎が着る衣装の定番でした。特に背が高い細身の男性が着ると、重厚で存在感のある着こなしができます。

モーニングコート

昼間の正礼装でフロックコートと同じくらいの丈があり、ジャケットの前側を大きくカットしているのが特徴です。元々は乗馬用の服として着られていました。格式の高い結婚式を除いて新郎新婦の父親が着るのが主流です。

燕尾服

夜間の正礼装でジャケットの後ろ側だけ丈が長く、燕の尾のように見えることからその名が付けられました。「テイルコート」とも呼ばれています。着る時はホワイトのタイを選ぶのが基本です。結婚式で新郎が着るのは皇室や王宮など非常に限られています。

紋付き羽織袴

和装の礼服であり「黒五つ」なら正礼装、色付きはタキシードと同じく略装です。黒五つとは色が黒で染め抜きの家紋が5ヶ所にある羽織のことです。新婦が和装を選んだ場合は自動的に着ることになります。

家族婚の時に人気の衣装は?

家族婚でも新郎の衣装で最も人気があるのは「タキシード」です。特に式場やホテルなどあらたまったところでは必ず用意されているか、セットの中に組み込まれています。稀にフォーマルスーツを着用する新郎もいますが、それは新婦がワンピースを選んだ時です。

結婚式でよく着られる色はホワイトです。家族婚で着るならベストやワイシャツ、ボトムス、タイを別の色に変えるとカジュアルでありながらスタイリッシュにもなります。定番のブラックやネイビーのタキシードでも同じです。

式場やホテルで用意された一式が全部同系色だった場合は、ポケットに入れる小物でアクセントをつけてみましょう。例えばハンカチや花です。ホワイトのタキシードなら濃い赤や青あたりが互いに引き立ててくれるでしょう。ブラックやネイビーであればオレンジやゴールドなどの明るい色がおすすめです。

さらに、ハンカチは折り方によるバリエーションもあります。ポケットのサイズに合わせて四角く折った「TVフォールド」をはじめ、ハンカチの折り目をずらして3つの山を作った「トライピークス」は華やかさがあります。よりカジュアルさを出すならハンカチを丸めて入れる「パフト」もお勧めです。

タキシードには定番の色以外のファッション性を高めた「ファンシータキシード」もあります。結婚式以外でも着やすいのでオーダーメイドの候補になるでしょう。オーダーメイドにすれば自分の好みや体型にフィットした選び方ができます。人気が高いのはグレーやチェックです。気心の知れた友人たちも出席する家族婚や二次会にもぴったりでしょう。

タキシードが選ばれる理由とその由来

近年の結婚式では実に9割近くの新郎がタキシードを着ていると言われています。そこまで人気があるのは礼服でありながら他の衣装よりもカジュアルであり、新婦のウエディングドレスにも馴染みやすいからです。

タキシードの由来には諸説ありますが夜間のフォーマルな席で喫煙する時、正礼装の燕尾服にタバコの臭いが付くのを防ぐため代わりに着られたのが最初だと言われています。当時は「スモーキングジャケット」と、呼ばれていました。

やがてイギリスに伝わり「ディナージャケット」として夜間のフォーマルな席で着られるようになりました。アメリカに渡ってタキシードの名前が定着し、正式な夜間の準礼装となり現在に至ります。日本では戦後になって有名芸能人が結婚式で着たところ、教会での挙式やホテルでの披露宴と共に全国へ広まりました。

今では昼夜問わず多くの新郎がタキシードを着ており、式場やホテルでも衣装の1つとして用意しています。さらにグレードアップしたり、お色直し用に1点増やしたり、モーニングに替えられたりするオプションもあります。費用はこちらのリンクが参考になるでしょう。

まとめ

和装の衣装
家族婚でも新郎の衣装はタキシードが人気です。多くの式場やホテルで用意されているので、新婦が着るドレスとのバランスを考えた選び方をするといいでしょう。色味が少なく寂しく感じられる時は、ハンカチなどの小物を活用するとアクセントをつけられます。新郎は結婚式のもう1人の主役です。家族婚でも手を抜かずおしゃれに着こなしましょう。